O脚を改善する座り方とは?

O脚になってしまう人は、日常生活の中で身体の姿勢が悪い人が多いという傾向があるそうです。ここでは、O脚を改善するだけでなく、O脚になり難い座った時の姿勢についてご紹介します。

 

座り方の基本的な考え方として、脚に余分な負荷をかけないことが大切であることに注意してください。まず、床に直接座る際の脚の姿勢ですが、両脚を揃えて前に伸ばして座ると、O脚になり難いと言われています。
床に座る場合には、体操座り、あぐら、両足を横に揃えた座り方などが一般的ですが、これらは身体の重心がずれるため、脚に余分な負担がかかり、O脚の原因となることが知られています。

 

背もたれが無い場合や身体が固い人などは、両脚を前に揃えて座ることがなかなか難しいかもしれませんが、身体の後ろで手を床に付き、身体を支えてやると多少楽に座ることができます。

 

次に、イスに座る際の姿勢ですが、背筋を伸ばして両脚を揃えて座ると良いと言われています。床に座る時と同じ考え方で、脚を組んだりして身体の重心がずれると、脚に余計な負担がかかり、O脚の原因となってしまいます。

 

日常のちょっとしたことですが、身体の姿勢を改善することでO脚は自然に改善されて行きます。皆さん、ほとんど無意識で床やイスに座っているため、座り方を意識することはなかなか難しいことかもしれません。しかし、日常の生活のなかで正しい座り方を意識していれば、そのうち習慣となり、O脚になり難い座り方が自然と身に付くようになる思いますので、それが身に付くまで頑張ってみては如何でしょうか。